忍者ブログ
50代で突然逆流性食道炎と診断を受け、治療を開始。その闘病記録です。逆流性食道炎という日本で増えつつある病気について、そして適切な食生活などについても説明しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1月に内視鏡で逆流性食道炎の悪化を指摘され、最初に当面の方針を立てることにしました。果たしてどこまでできるのかわかりませんので、とりあえず、自分にできそうなことを列挙してみます。そして、実際に始めて微修正をしていくことにしましょう。

1.
まずアルコールです。これまで休肝日を週に1日設けてはいましたが、これでは足りないようです。もう少し増やしてみましょう。(このあとの記録を見ていただくと分かるように、これは甘かった!自分の場合、しばらくの間「完全な禁酒」が必要でした)

2.
今までのお肉の洋食中心だった食生活。これからは魚を中心にした和食にしようと思います。お肉をいままでの半分以下に減らそうと思います。具体的には1日に2食程度食べていたのを1日に1食程度におさえ、あと1食はお魚にしようと思います。(ちなみにKAY2は朝食をとると体調が悪くなる体質なので朝食をとりません)

3.
おやつとして、ケーキやチョコレート、あるいは口が寂しいからということで仕事をしながらキャラメルをなめたりしていましたが、今後はこれも減らしていくことにします。(これも甘かった。完全に絶つことが必要でした)

4.
頭を高くして寝る。まくらをもう一つ増やす。(これ、後になって思わぬ問題が生じました)

5.
就寝前の飲食をしない。少なくとも逆算で就寝の3時間前までに食事はすませる。

6.
ストレスをため込まない。特に仕事ではいままで頑張っていたことをやめ、まわりに迷惑のかからない程度に手を抜く。そして休む。(結局無理でした…仕事は矢のように降ってきますし、依頼主の目は厳しい!)

7.
やや猫背の傾向があるので、できるだけ姿勢を良くする。


という形でライフスタイルを大幅に変えていきたいと思います。どれだけ実行できるか、自信は全くありませんが…。


では次回からは現状を日記形式でお届けすることにしましょう。

 

拍手[1回]

PR

簡単に言えば、本来胃の中だけにあるべき胃酸などが食道まで上がってくることにより、食道の粘膜がただれてしまう病気です。そのために、胃痛のような不快感や胸焼けを感じます。進行すれば、食道がんなどの原因になるとも言われています。

KAY2の場合は学生の頃から数ヶ月に1度、食事後に胃の膨満感が感じられ、痛みを覚えることがありました。その場合とにかく連続して30分以上ゲップが連続で出続けるのです。いや、正確には異の膨満感があまりにひどいので、ゲップをすることで楽になろうとあがくようにしてゲップを出し続けるんです。そうするとやがて、どうにか収まります。が、とにかくツライ。他人の目も気になります。これは逆流性食道炎の典型的な症状の一つなんだそうです。胃カメラは正常でも、すでに病気は若い頃から始まっていたのかもしれませんね。

通常は食道まで上がってこない胃酸が食道に来るのは、食道下部括約筋と呼ばれる部位の働きが弱まることによるそうです。その原因としては、様々なものがあります。食事(とくに脂肪分の多いもの)、喫煙、飲酒、老化、さらには姿勢なども原因になることがあります。またストレスも大きな原因だとしているお医者さんもいらっしゃいます。

非喫煙者であるKAY2の場合は喫煙以外全部当てはまりそうな気がします。ああ、やっぱり不摂生な自分です。

治療法は8週間を限度としてプロトンポンプ阻害剤の投薬が行われます。直接的に命に関わることはそうそうないのですが、再発することが多く、また痛みや苦しさが頻繁に感じられますから、そういう意味ではやっかいな病気です。

また、以前は日本人に少ない病気だったそうですが、近年は増加気味。原因の一つに食事の欧米化も言われますし、現代社会のストレスの増加もあるのかもしれません。

いずれにしても、これからこの病気に苦しむ方は増える一方でしょうから、KAY2がこうして記録を書くことも意味があるかなぁ…と思いつつ、日々の状況を書いていきますね。

また、逆流性食道炎については沢山のネット情報がありますが、検索で上位にヒットするサイトのうちかなりの数のものが実はカモフラージュされた情報商材の宣伝サイトだったりしてがっかりします。KAYSが参考にして役に立ったのは以下のサイトです。サイトの運営者のみなさん、勝手にリンクしちゃいましたが、本当にありがとうございます。

・逆流性食道炎(胃食道逆流症)・慢性疲労症候群(CFS)の治療方法~寝たきり状態から社会復帰へ~
 CFSと同時に重篤な逆食という二つの病気を持った方の記録です。食事に関する様々な情報は特に参考になります。
 http://blog-cfs-gerd.seesaa.net/

・慶應義塾大学病院KOMPAS 逆流性食道炎
 基本的な知識が大変によくまとまったサイトです。
 
 
 
 http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000231.html

・東京慈恵会医科大学外科学講座
 但し、外科のサイトですから当然のことながら手術を第1に勧めていますので、その辺りは皆さんでご判断を…
 http://www.jikeisurgery.jp/diseasegroup/upper-dig/esophagus/reflux/


 ご注意とお願いを。これから書くことはすべてKAY2に当てはまったものであり、皆さんの状況には必ずしも当てはまらないかもしれません。逆流性食道炎に対する食べ物の善し悪しも個人差が大きいと言われています。Aさんにとって悪い食材がBさんには問題なかったり。あるいはその逆だったりということです。ですから、あくまで自己責任でご覧頂き、治療はかかりつけのお医者様のアドバイスに従ってください。
 
 
 
 
  

拍手[3回]

プロフィール
HN:
KAY2
性別:
男性
自己紹介:
東京は仙川に住む50代の食いしん坊。故郷の島根県江津市と行ったり来たり。
スポンサードサイト
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
P R
スポンサードサイト
関連書籍




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   逆流性食道炎闘病日記   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]