忍者ブログ
50代で突然逆流性食道炎と診断を受け、治療を開始。その闘病記録です。逆流性食道炎という日本で増えつつある病気について、そして適切な食生活などについても説明しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご注意:
この日記で「胃」と記している場合、その多くが「食道」を意味しています。感覚的に「食道が痛む」ではなく「胃が痛む」という実感なので。


2014年6月某日

まずは逆流性食道炎を治療していただいている胃腸専門のドクターに。

事前に何度も頭の中でシミュレートした会話を持ち出してみます。相手は専門家。こちらは素人。あくまで、素人考えですが…という申し訳なさそうな態度で下手に出てみます。

「先生、どうも腑に落ちないんですが…。今回、どうしてこんなに治りがわるいのか不思議なんですよ。前回はすぐに治していただいたのに。前回と今回、なにか生活の上で違いがあるかと色々と考えたんですが、そしたら一つだけあることに気づいたんですよ。今回は喘息の予防薬をずっと飲み続けているんです。これが何か影響するって事はないんでしょうか?」

と、おそるおそる、喘息のクリニックでもらっている薬の一覧を出してみます。

ドクター、一瞥もせず、すぐさま否定します。

「KAY2さん、喘息の薬でって、それはないですよ。」

でもこの先生、無愛想ではありますが、腕は抜群。そして医師としての態度も立派。同業の方からも尊敬を集めるくらいの方です。否定しながらも、すぐに目の前で文献を色々と調べ始めます。

「オノンカプセルもテオドールも逆流性食道炎を悪くするという報告は今まで聞いた事がありませんしね」

ところが、ややあって…。

「あれ、確かに胃の不快感などの問題は指摘されていますねぇ。あ、こっちの薬はアンダーラインまで引いてある…ということは、確かに可能性がなくはない…。」

やっぱり!そこで尋ねてみます。「じゃ、たとえば、少し薬をやめて…なんてことを喘息の主治医に相談してもいいでしょうか?」

先生、とてもまじめな方で、普段は本当に必要なことしか話さないし、見方によってはつっけんどん。ところが今回は専門家のハートに火がついたようで、熱心にいろいろとアドバイスしてくれます。さぁすが先生!

「じゃ、KAY2さんね、こうしましょ。喘息のドクターに相談してください。いまの喘息の状態が良いようであれば吸引薬だけにして、飲む薬は一旦ストップできないかどうか。もしも、それが危険ということであれば、一種類ずつ1ヶ月、交代でやめてみる。たとえば、今月はテオドールをやめる。来月はオノンカプセルをやめる…という風にして、原因を特定しましょう。もしもドクターが渋られるようならば、私、手紙を書いてあげても良いから」

うーん、素晴らしい。

ということで、OKとなりました。

ちなみに逆流性食道炎の薬ですが、いままで通りネキシウム20と茯苓飲。そして症状が改善していないことから、ガナトンの代わりにガスモチンを処方してもらいます。

さて、勝負の前半は終了。今度は後半。その足で喘息のクリニックへ。こちらのドクターは対照的に明るくて軽い印象の方ですが、実は説明を聞いてももの凄く的確で、以前別のクリニックにいらした時からKAY2が信頼している先生です。

さきほどのドクターのアドバイスを伝えます。すると、

「じゃ、ちょっと検査をしますね。その上で判断しましょう…。」さすがに慎重です。

スパイロメーターによる呼吸の検査(これ、なぜかいつもKAY2は80歳代のおじいちゃんという結果が出ます)、そして血中酸素濃度と調べ、過去のデータをしばらく見ていたドクター、

「うん、じゃ、ちょっと飲み薬はやめて様子をみましょう。でも、吸入薬はちゃんと忘れないで吸入してくださいよ」

ということで、あっけなく終了。KAY2の願いが叶いました。

さて、せっかく両ドクターと交渉しての喘息の投薬中止(吸入は続けますが)。ここでリセットということで、これからまた食事などもしっかりと節制を守っていきましょう。これで改善するといいな!とりあえず1週間後どう変化しているかを楽しみに毎日をすごしていきましょう。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
さっそく更新していただけて嬉しいです。

喘息の投薬中止で、症状が改善されたら良いですね!
私も治っては再発の繰り返しなので、もう一度医者に相談してみようかなぁと思いました。
N| | 2015/01/06(Tue)06:05:16| 編集
Re:
N様、

コメントいただいたおかげで、更新できました。ありがとうございます。

逆食、再発しやすいですよね。何を隠そう、今の自分も正月の暴飲暴食で、やや胃が重い感じがしてきています。

色々な方の意見を聞いてみても、逆食は、うまく付き合っていくことが大切なようです。通常はネキシウムなどの投薬で良くなりますから…。(KAY2のケースはまれだと思いますので)

Nさんの胃が元気になりますように!

KAY2| | 2015/01/06(Tue)08:08:18| 編集
プロフィール
HN:
KAY2
性別:
男性
自己紹介:
東京は仙川に住む50代の食いしん坊。故郷の島根県江津市と行ったり来たり。
スポンサードサイト
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
P R
スポンサードサイト
関連書籍




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   逆流性食道炎闘病日記   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]