忍者ブログ
50代で突然逆流性食道炎と診断を受け、治療を開始。その闘病記録です。逆流性食道炎という日本で増えつつある病気について、そして適切な食生活などについても説明しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご注意:
この日記で「胃」と記している場合、その多くが「食道」を意味しています。感覚的に「食道が痛む」ではなく「胃が痛む」という実感なので。


2014年4月某日

お肉にチャレンジ。お昼のランチが1種類しかなく、鶏の香草焼きを食べることになりました。でも、大丈夫でした。何も問題は起きず。先日トンカツを少量食べたらたちまち胃にきましたが、揚げ物でなければ結構いけるかも…という気分に。


2014年4月某日

新しい薬の組み合わせ、多少は状況が好転しているようです。KAY1をいつまでも付き合わせているのも申し訳ないので、ついに昨夜、焼肉再デビューを試してみます。揚げものでなければ&ゆっくりと噛みしめて食べれば…ということで、チャレンジ。我々がいきつけの仙川「あかべこ」で。ただし脂身のない牛ロースのみという贅沢(!)です。

焼肉と言えばビールが…と思いますが、手痛い思いを2度経験したので、久し振りのアルコールはまだオソルオソル。実験的にKAY1の飲んでいるビールを3口すすってみます。うん、以前のように「美味しくない」というレベルではなく「ほ、悪くないね」というレベルにまでは戻っています。でも、積極的に飲みたい気持ちはありません。そこで、これなら飲んでみたいというのは梅酒。こちらも炭酸割りは避けてロックで1杯だけ。ちびりちびりと舐めるように飲んでみます。

その結果、問題なし!今朝目覚めても問題なかた。良かった~~~!

一方で体重は62.3kg。30年来で最低レベルをキープしています。このところ出会った人が腹回りを見ると「痩せたねぇ…!」。そう。顔はあまり変化ないのですが、お腹周りはあきらかな痩せ具合です。だって、ベルトの穴が足りないんです。そのくらいの大きな変化。そろそろベルトそのものを短く切らないといけないようです。え?早まるなって?リバウンドがあるから…。いえいえ、おそらくリバウンドはないんじゃないかなと踏んでいます。食生活、おそらく当面このままのスタイルで行けると思うんです。だって、決定的に楽だから。

お酒についてももう一つ。良い時期にやめる経験をしました。

もともとアレルギーの鼻炎持ちのKAY2。中年になってからは軽微になったとはいえ、それでも、お酒を飲むと翌朝は結構鼻の通りがよくありません。嗅覚も通常の2割程度まで落ちる自覚がありました。それが、お酒を毎日飲まなくなってから嗅覚は元通りに。朝、外に出た途端、鼻腔を満たす様々な香り。草花の香り、新緑の香り、そして、土の香り…。様々な香りの洪水に感動します。この季節だからこそ。いやぁ、香りを嗅ぐだけで幸せな気持ちになれます。これだけでもそれまでの飲酒習慣を改めた甲斐がありました。


2014年4月某日

うーん、甘かった。

今朝、泊まりがけの仕事の帰り、「なか卯」に行き、親子丼と迷ったあげく牛すき丼に。味はまるでレトルトのような臭みがあり、マズイ!食べなきゃ良かったと後悔して、自宅に戻り、風呂から上がって寝ます。食事後3時間で睡眠を取ったことになります。すると、まだ牛肉が胃袋に残っていたのか、夕方仮眠から起きたら胃が重いのです。うーん。そう言えば肉類の中でも牛肉は胃袋での滞在時間が鶏肉よりも長いとか。調べてみたら便利なサイトがあります。

http://blog.tenyudou.com/?eid=814

鶏肉は比較的短いそうです。やっぱり親子丼にしておけば良かったですねぇ。

まだまだ道のりは長いようです。こうして試行錯誤して行かなければならないのですねぇと改めて実感です。

胃腸の声を聞くという、とても大切な事が書かれているブログがありました。

http://wagoichi.exblog.jp/17459507/

ここに書かれている事はKAYSも偶然実践していたのでびっくりでした。

ただ、非常に感銘を受けた言葉は「胃に人格がある」という指摘です。

「胃という“人”、腸という“人”を相手に、一緒に改善していく。」と書かれています。

なぁるほど。これはいい指針になりそうです。

さらにはなぜ間食がいけないのか…

http://wagoichi.exblog.jp/17470039/

もの凄く勉強になりました…。あんらくさん、ありがとうございます。


2014年4月某日

昨日はいよいよ和菓子実験。夜、食事のすぐ後をねらい、どら焼きを1つ食べてみた。逆食には悪いといわれる餡。食事の直後なので、大丈夫と踏んだのですが。さらに、この日は油断して寝る前にカルピスと牛乳を飲んでしまいます。結果、朝、胃が重かった!どっちのせいでしょう。実験のつもりであれば、何か一つにしないと原因が特定できません。ああ、ダメな自分。反省です。

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
逆食と炭水化物
逆食の典型的な症状は胸焼けですよね。僕も脂っこい食べ物が好きです。カキフライ定食は大好物でした。しかし、食後に必ず胸焼けが・・・。そこで糖質制限でご飯を抜いてみました。するとトンカツでもステーキでも胸焼けが軽減しました。お肉に比べて炭水化物の方がはるかに消化が遅く胃に滞留する時間も長いらしいです。しかし、腸の悪玉菌が増えて過敏性腸症候群が悪化しましたが・・・。一度お試しあれ。
アラジン| | 2014/10/12(Sun)10:34:29| 編集
RE:逆食と炭水化物
アラジンさん、こちらにもコメントを頂いておきながら、気づくのが遅くなりました!ゴメンナサイ。

炭水化物、おっしゃるとおりだと思います。実はKAY2は数年前にダイエットしてから炭水化物をあまりとらないのです。それで、この有様というのは、相当に他の要素がひどかったのでしょう。

アラジンさんのおっしゃること、非常に大事だと思います。他の逆食に苦しまれる方はぜひ参考になさってください。
KAY2| | 2014/12/31(Wed)08:36:39| 編集
プロフィール
HN:
KAY2
性別:
男性
自己紹介:
東京は仙川に住む50代の食いしん坊。故郷の島根県江津市と行ったり来たり。
スポンサードサイト
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
P R
スポンサードサイト
関連書籍




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   逆流性食道炎闘病日記   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]